転職

プログラミング未経験者でもエンジニア転職できますか?【余裕です】

この記事で分かること

  • エンジニア転職に役立つスキル
  • プログラミング未経験者がエンジニアに転職する方法

お困りジイ
プログラミング未経験者でもエンジニアへの転職はできるの?

こういったお悩みを解決します。

プログラミング未経験から開発のチームリーダーを経て、開発案件のプロジェクトマネージャーまで成り上がった僕の実体験をもとに「なぜ、プログラミング未経験者でもエンジニア転職ができるか」を解説します。

ぼく

僕はこんな人間です。

プログラミング未経験者でもエンジニア転職は可能?

本記事のタイトルでネタバレしていますが、結論「可能」です。

未経験からの転職は何歳まで可能ですか?

28歳までならプログラミング未経験でも"容易"に転職可能でしょう。

しかし、それ以降の年齢になると、これまでの面接を通して「この人なら案件をすぐに任せられるようになりそうだ」と強く思わせないと厳しいです。

本気で企業のプログラマー/エンジニアになりたいのなら、できる限り早めの転職をオススメします。

ポイント

採用担当者としては、28歳のプログラミング未経験者を取るくらいなら、新卒でよくないか?という発想に至ります。

同じ教育コストが発生するわけですから当たり前ですよね。

そのため、プログラミング以外のスキルでよっぽど魅力的な人材でなければ、優先的に採用しようとは思わないはずです。

エンジニアへの転職で有利になる経験やスキルは何ですか?

以下のようなスキルや経験があれば、エンジニア転職は成功しやすいです。

  • Webサイト制作のディレクション経験
  • HTML/CSSなどの簡単なコーディング経験
  • コミュニケーション能力
  • 論理的思考力

Webサイト制作のディレクション経験

システム開発にエンジニアとして携わったことがなくても、ディレクション経験があるだけでもアドバンテージになります。

IT知識や開発工程等の理解があるだけでも、エンジニアとしての素地があると判断されるからです。

HTML/CSSなどの簡単なコーディング経験

Webマーケティング経験のある方は、サイト改善をする上でHTMLやCSS等を扱う機会が比較的多いと思います。

もし、その際に実際にコーディング等の業務をこなしたことがあるのであれば、それは選考過程において「エンジニアとしての素地あり」と判断されるでしょう。

コミュニケーション能力

聞いたことがあるかもしれませんが、エンジニアはコーディングだけ出来ればいいわけではありません。

ユーザーの課題をシステムやアプリによって解決することがエンジニアの仕事ですので、ユーザー等の関係者と適切なコミュニケーションが取れなければなりません。

論理的思考力

システム開発において「論理的思考力」は必須スキルです。

論理的思考力の基本中の基本である「MECE(漏れなくダブりなく)」は特に重要で、ユーザーが快適にシステムを利用できるように、ありとあらゆる操作パターンを想定する必要があります。

この能力は採用面接での質問への回答で確認されていることがほとんどですので、回答には十分に注意した方がよいでしょう。

未経験者がエンジニア転職する方法とは?

大きく分けて2つの方法があります。

  1. 未経験のまま転職活動を開始する
  2. 未経験→学習→転職の段階を踏む


それぞれの詳細を説明します。

すぐ転職したい人向け!未経験のまま転職活動を開始する

第二新卒の場合

未経験のまま転職活動を行なって全く問題ないでしょう。

強いて懸念点を挙げるのであれば、

「給与交渉が難しいこと」
「第二新卒 or 未経験エンジニアの募集をしていない企業への転職が不可であること」

です。

今回の転職では、ジョブチェンジやスキルアップのみを目的としている場合には大きな懸念にはならないでしょう。

第二新卒の場合はすぐに転職エージェントに登録して「企業選び」や「自己分析」に移った方が、有意義な時間の使い方になると思います。

第二新卒以外(または28歳以降)の場合

エンジニア経験以外のところで優秀と判断される実績がなければ採用されにくい可能性があります。

さらに、場合によっては第二新卒と比べて応募できる企業数が少なくなることもあるため、あなたの希望をすべて兼ね備えた企業への転職ができない可能性があります。

よって、何人かのキャリアアドバイザーに話を聞いてみて、自分が納得できる転職を実現できそうか確認してみることをオススメします。

注意ポイント

第二新卒以外のエンジニア転職はエージェントに注意です。悪質なキャリアアドバイザーが担当になってしまった場合は、どこでもいいからとにかくどこかに転職させようとしてくるケースがあります。十分に注意してください。

関連

準備中_未経験でエンジニア転職する人におすすめの転職エージェント

適性判断したい人向け!未経験→学習→転職の段階を踏む

「本当にプログラミングの適性が自分にあるのか知りたい」
「より良い転職を実現するために、実績を作ってから転職活動をしたい」

このような考えをお持ちの方は、まずはプログラミングの学習をしてみることをオススメします。

学習方法を決める

学習方法は「独学」か「スクールに通う」かの2パターンです。

独学の場合


独学は以下のような理由で挫折率が9割と言われています。

独学の挫折率が9割の理由

  • 適切な学習内容がわからない
  • 入門書がそもそも難しすぎる
  • 覚えることが多い
  • 質問できる人が身近にいない
  • 壁にぶつかった際の解決法がわからない

よって、独学でプログラミング学習を開始する場合は、相当な覚悟が必要であることを覚えておきましょう。(後日、独学でプログラミング学習をする際のコツについてまとめた記事をUPします。)

スクールに通う場合



最近は、プログラミング学習コースと一緒に転職先を斡旋してくれるサービスが増えました。金額はピンキリで、無料のものから60万円overの高額サービスもあります。有料/無料問わず、学習には膨大な時間を投資することになるため、慎重に選択することをオススメします。

準備中_転職先も見つけてくれるおすすめプログラミングスクールとは?

実績を作る

学習方法を決めたら、どのような実績を作るか「目標」を設定します。


目標例

・Tinderのようなマッチングアプリを作りたい
・RETRIPのようなおしゃれで便利なWebサービスを作りたい



など

これは自分が将来どんなエンジニアになりたいかや、どんな企業に転職したいかによって異なります。

どんな実績を作るべきか分からない場合は、転職エージェントや転職先を斡旋してくれるプログラミングスクールで相談してみるといいでしょう。

過去、どんな実績を持った人が転職に成功していったかを教えてくれるはずです。

転職活動

学習→実績づくりを終えたら、次は転職活動です。

転職斡旋サービスを含めたプログラミングスクールに通った場合は、特に苦労することはないと思います。

独学で実績づくりを行った場合は、エンジニア転職特化型の転職エージェントに数社(3~4社)登録しましょう。

総合型転職エージェントを利用してしまうと、エンジニアリング知識の乏しい人があなたの担当につく場合があるからです。

近日中におすすめの転職エージェントをご紹介します。

今しばらくお待ちくださいませ。

関連

準備中_SE・エンジニア転職特化型のおすすめ転職エージェントとは?

  • この記事を書いた人

おさむ

「やらなきゃ」を「やりたい」に。 マーケ・個人開発・筋トレを愛しています。会社に依存せずに個で生活する方法を伝授するぞ。ダンス日本1位→LA留学→プロ挫折→Web会社→日系コンサル→IT系マーケ責任者+Webアプリ個人開発。運営サイト月間PV100万。ブログ運営に役立つ情報も発信《#ブログ分析図鑑》ねえ、純愛ってなに?

-転職
-, ,

© 2020 Osamu Blog Powered by AFFINGER5